Amazon輸出

Amazon輸出 SAL便なのかEMSなのか

送付方法について結構疑問に思ってる人がいます。

多くのAmazon輸出ではEMSを推奨していることが多いためです。

SAL便とEMSの違いについて簡単に説明します。

1キロの荷物をアメリカに送る場合です。

SAL便だと約2週間 1,490円
EBS便だと約3日  2,400円

およそ900円差額がでます。
重くなれば重くなるほど差額がでる仕組みです。

先ほどのSAL便の計算には書留(追跡)として410円プラスしてますので、書留(追跡)を付けなければ1,300円ほど利益がでる仕組みですね。

参入者が増えてきた場合、この1,300円は大きいです。
単純に100個売れたときは13万利益が変わってきます。

この金額をどうみるかですが、、、

販売した商品に合わせて送る方法を変えればいいだけです。

高額商品はEMS
小額商品はSAL便

という風にです。

全部が全部EMSで送る必要もないというのが経験での見解ですね。
ただ書留はつけた方がいいです。

SAL便の弱点は稀に届かないことがある。
アメリカの場合ほとんどありませんが。

もう一点は外国人を信用するな。ということですね。
荷物が届いてないからもう一回送ってくれと結構言われます。
追跡見ると・・・
届いてるやん。

こういうやり取りが結構あるので追跡が必要です。

ただ少し前まではEMSが主流だったんですよね。
荷物がやっぱり早く届くほうがお客様はうれしいですよね。

それがだんだんとSAL便が主流になってきた。
お客様より利益重視になってきたわけです。

予想するに・・・

EMSよりSALで送れば利益とれるやん
        ↓
   みんながそれをやりだす
        ↓
そのうちの誰かが利益少なくなってもいいから
抜け出したいために少しだけ安い値段で出すようになる
        ↓
      みんな追従
        ↓
気がつけばSALでないと利益でないようになる

こんな感じですかね。
本当になんだかなぁって感じですよね。

わざわざ自分から利益を圧迫するような行動を起こすバカがいるわけです。

送料はお客様負担なので

高くても早く届くのがいいのか
安くても遅いほうがいいのか

一概に悪いとは言えないですが
自分の首を絞めることには変わりないですよね。


さてさて、こんな状況での次の一手は?

意外と考えれば答えがでますよ!


では!

ピックアップ記事

  1. コンサルについての問合せを頂きました
  2. 個人で戦う土俵
  3. ハンモックやばすぎる
  4. ネットビジネスゴールデンクラブ 小玉歩 レビュー 詐欺 相談 報告 
  5. 本業と副業と

関連記事

  1. Amazon輸出

    アカウント削除に気を付けて

    未だに確定申告に追われているのですが、、、それというのもハンドリン…

  2. Amazon輸出

    Seller Rating 計算したことありますか?

    Amazonアカウントの生命を握っているのが、Seller Rat…

  3. Amazon輸出

    航空危険物の送料

    まだまだ知らないことだらけだなと思い知らされる今日この頃です。…

  4. Amazon輸出

    作業量こそ最大の武器

    人の価値観はそれぞれですが物販で成果をあげる一番の最速方法は行動量…

  5. Amazon輸出

    関税の問合せ、クレームについて

    時々ですが、関税に関するお問合わせをいただくことがあります。今…

  6. Amazon輸出

    Amazon輸出をはじめよう!!

    こんにちは。中俣です。さてさて、今日からは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 想うこと

    忘れることが出来ない痛み
  2. YouTube

    忘れてはいけないもの
  3. Amazon輸出

    常識について考えさせられます
  4. ダイエット

    ダイエット3週間目
  5. Amazon輸出

    作業量こそ最大の武器
PAGE TOP